健康おたくのスイス生活

海外生活、語学、健康、ダイエット

トレスは、スイスの特別な日の朝ごはん

 

 

 

f:id:suisselife:20190409235624j:plain



 

フランス語でTresse(トレス/三つ編み)

 

名前通りで三つ編みになっていますね。バターが入っていて、ほんのり甘味のあるパンです。食感や味は、少しブリオッシュに似ています。

 

15世紀ごろにすでに、Bern(ベルン/スイスの首都)で、最初につくられた記録があるようです。

 

日曜日は特別だから

もともとは、クリスマスや新年のお祝いのときに、食べられていた特別なパンでした。卵やバターの入ったぜいたくなものだったのです。

 

その伝統から、今のように、キリスト教では安息日(休日)とされている、日曜日の朝や祝日に食べる習慣になったのだと考えられています。

 

では、平日の朝、スイスでは何を食べるのでしょうか?以前、ブログの記事にした、ミューズリー、ですね。

www.suisse-healthy-life.com

 

焼き立てのほんのり温かいトレスは、口に入れるとほんのりバターの香りがして、少し甘くしっとりしていています。

 

スイスのフランス語圏である、ヴォー州に住んでいる私たちは、地元出身の夫のやり方で、トレスに、バターとハチミツやジャムをつけて食べますが、ドイツ語圏では、トレスのパンで、ハムや野菜をはさんだサンドイッチも、よく食べます。

 

f:id:suisselife:20190410002249j:plain

スイスのドイツ語圏の都市チューリッヒのトレスサンド専門店

 

ドイツ語圏では、パン屋やスーパーでも、トレスのサンドイッチが売っていますが、私たちが住むヴォー州では、みかけません。

 

ベストトレス(我が家調べ)

パン屋によって、塩や砂糖の量などの、微妙な配分の違いがあるので、おいしいトレスを求めて、いろいろ買ってみましたが、今、気に入っているのは、2つ。

 

ひとつは、スイスを代表するスーパーのチェーンMIGROS(ミグロ)のものです。スーパーのパンといっても、店内でパン職人が焼いているので、あなどれないんですよ。しかも、お安い!一番上の写真の、長さ30センチ、500グラムのトレスは、3フラン50サンチーム(およそ390円)です。

 

もうひとつは、ローザンヌのベルジエール通りにあるパン屋さんのもの。

Boulangeries des Bergière

Av. Bergières 30

1004 Lausanne

tel:021 647 26 46

f:id:suisselife:20190409235603j:plain

巨大なトレスを切ってもらって測り売りで買ったもの。450グラム。

 

スーパーミグロのものと、ほぼ同じ量ですが、お値段は、8フラン50サンチーム(およそ940円)!うーん、だいぶ特別な日曜日にしか食べられないかな。

 

 このパン屋さんのトレスもミグロのものも、皮がしっかりしていて、噛み応えがあるんです。日本の食パンの耳に近い感じですね。そこが好きなんです。

 

ほかのお店のトレスは、皮がうすくて、ブリオッシュに近くて、歯ごたえがないことが多いので、ちょっと物足りないんです。

 

パン屋さんは日曜の朝も働きます

日曜日、スイスの商店は、みんなお休みです(※)。でも、パン屋さんは、日曜日の午前中は営業しています。だって、みんな、日曜日の特別なパン、トレスを買いにやってくるんですもん。パンは、焼きたてが美味しいですもんね。

 

※国鉄駅やガソリンスタンド併設のお店は日曜・祝日も営業しています。

 

そんな美味しいものなら毎日食べても良いんじゃないですか?

 

そうなんですよ!毎日食べても良いんです!

 

平日に、トレスを売っているパン屋さんは、さがせばあります。でも、毎日食べたら、トレスは特別なものじゃなくなっちゃうんです。

 

日曜日の朝に、のんびり起きて、家族そろってゆっくりトレスを食べる、それが良いんですもん。

 

それに、糖質を減らしたい私としては、こんな真っ白い美味しいパンを毎日食べるのは、やめたほうが良いですよね。

 

平日は、食物繊維やビタミン、ミネラル豊富なミューズリーにします!