健康おたくのスイス生活

海外生活、語学、健康、ダイエット

スイスのスーパーに行ってみましょう

旅先で、スーパーを見かけると、入りたくなりませんか?

 

日本国内でも、『ところ変われば品変わる』というわけで、はじめて、訪れる町には、ローカルな野菜や魚があったり、お菓子も、普段、みたことのない商品を見つけられるのが、楽しいですよね。

 

海外でも同じです。

 

日本のスーパーでも売っているような、有名ブランドの商品を、見つけることも多いですが、その国にしかない、ユニーク商品も、たくさんあって、見てまわるだけで、楽しいです。

 

お菓子のパッケージは、どこの国でも、ポップでかわいいものが多いので、つい買ってしまったりします。

 

スーパーで、安く、オリジナルな、お土産を見つけることも多いですよ。

 

今日は、スイスのスーパーをご案内します!

 

 

スイスの二大スーパー

 

スイスでスーパーと言えば、MIGROS(ミグロ) かCOOP(コープ)です。

 

国内の、小売りの食品部門では、ミグロが37%、コープが35%のシェアです。

 

ミグロは、1925年設立、そして、コープが、1969年ですから、どちらも、スイスの消費者とは、長いつきあいです。

 

コープというと、日本の生活協同組合コープ(生協)が、思い浮かびますが、スイスのコープは、日本の生協のような、会員制の組織ではありません。

 

あくまで、普通のスーパーだと考えてくださいね。

 

スイスという、人口850万の小さな国のスーパーですが、世界の小売業ランキングで、それぞれ、ミグロが39位、コープが44位という巨大企業なんです。

 

これは、スイスの物価が、世界のどこよりも高いから、ということも、理由のひとつです(笑)。

 

ミグロもコープも、スイスで栽培された野菜やくだもの、スイスの工場で生産された商品、ということに、とてもこだわっています。

 

日本の消費者が、日本製を信頼しているのと、同じで、スイスの消費者も、スイスのものは、『安心、安全、高品質』という感覚があります。

 

そして、同時に、『そのかわり、値段が高いのは、しかたない』と思っています。

 

MIGROS(ミグロ)について

 

スイス国内に、648店舗(2014年調べ)あります。

 

f:id:suisselife:20190403004540j:plain

MIGROS(ミグロ)のショッピングセンター MMMと表示してある

 

ミグロは、看板のMのマークの数で、店舗の規模がわかるようになっています。

一番小さいサイズの店から、M→MM→MMMの順に大きい店舗ということです。

 

ミグロは、自社ブランド商品が、コープにくらべて多いので、日本でもよく見かけるような、ブランドの商品が欲しい場合は、コープに行ったほうが確実です。

 

また、酒類は一切、販売をしていません。

 

COOP(コープ)について

 

スイス全土に、2250店舗あります。

 

f:id:suisselife:20190403004550j:plain

COOP(コープ)の入り口

 

 アジア系の商品が、充実しています。真空パックの豆腐や白滝も販売しています。

 

 

ミグロとコープは良いライバル?

 

価格は、全体として、ほとんど同じ、ですね。

 

サービスの面でも、どちらも、以下のようなプロモーションをしています。

  • 低価格帯の自社ブランド製品を展開していること
  • ポイントカード
  • 無料の週刊マガジン
  • シールを集めるとおもちゃがもらえる、といったキャンペーン

 

 

鶏ミンチやヨーグルトはコープ、米や雑穀ならミグロ、などと、商品によって、使いわけたり、安売りセールもありますから、買い物のときは、ミグロとコープをはしごすることも、多くなります。

 

 

ディスカウントスーパー

 

ミグロやコープにくらべて、店舗数は、圧倒的に少ないのですが、この10年で、存在感を増してきたのが、ドイツからやってきた、二つのディスカウントスーパーのチェーンです。

 

ALDI(アルディー) 2005年スイスに進出

LIDL(リドル) 2009年スイスに進出

 

どちらの店も、商品の陳列は、たいへんシンプルです。 

 

f:id:suisselife:20190403163354j:plain

LIDL(リドル)の商品ディスプレイ

 

商品は、段ボールの箱に入ったままになっていて、包装も簡単なものです。こういう部分にお金をかけないことで、商品を安く提供できるんでしょうね。

 

どちらも、スイスで栽培された、野菜やくだものを販売する、ということに、地元スイスのミグロやコープに負けないように、非常に力を入れています。

 

スイスの消費者の好みを、しっかりわかっているんですね。

 

有機栽培のものも多く、安いです。

 

また、安いからといって、品質が悪いというわけでもないので、家計にはやさしいスーパーです。

 

同じ品数の商品を買った場合、ミグロやコープとくらべると、3割ぐらい安くなります!

 

特に、今年、10周年をむかえるLIDLは、お祝いのセールを続けています。

 

中でも、ビックリしたのは、10円クロワッサン、10円プチパン、10円コーヒーカプセル、10円ドーナツなどの超目玉商品です。

 

次になにが来るのか楽しみです。

 

欠点としては、どちらも、店舗の数が少なく、町の中心から、外れたところにあることが多いので、不便、ということです。

 

レジについて

 

ミグロ、コープ、アルディ、リドル、ほかのスーパーに共通で、レジのシステムが、日本とはちがっていて、最初は、少し戸惑いました。

 

f:id:suisselife:20190403163404j:plain

LIDL(リドル)のレジ


 

客は、買ってきた商品を、かごやカートから出して、流れるベルトコンベアの上にのせます。

 

レジ係は、すわったまま、ベルトコンベアを流れてくる商品をスキャンして、そのまま、ベルトコンベアの奥にある狭いスペースにおきます。

 

客は、スキャンのおわった商品を、エコバッグなど買い物袋につめていきます。

 

夫とふたりで、買い物をするときは、ひとりが支払いをしている間に、もうひとりが商品を、エコバッグにつめるので、だいじょうぶなのです。

 

ひとりで買い物するときは、支払いをしていると、商品が、ベルトコンベアの奥に、たまってしまって、次の客のじゃまになるので、私は、いつも、すごくあせってしまいます。

 

スイスのひとたちは、特にあせることもなく、自分のペースで、支払いをし、袋詰めをしているので、見習わないといけませんね。

 

スイスでは、レジ袋は、有料です。

 

レジでは、紙製のレジ袋や、エコバッグを販売していますが、自分でエコバッグや買い物用カートをもってきている人が、ほとんどです。

 

営業時間とお休み

 

月曜から金曜は、8時から19時。土曜日は、17時までです。

 大きなショッピングセンター内のミグロやコープは、土曜日は、18時までです。

 

日曜日や祝日は、お休みです。

 

 

コンビニエンスストア

 

スーパーが日曜、祝日は、休業なので、たまに、うっかり買い忘れていたものがあったりして、あわてることがあります。

 

そんなときは、ふたつ、方法があります。

 

ガソリンスタンド:ミグロ系列のMigrolino(ミグロリーノ)という、小さなチェーン店が併設されています。

 

 国鉄駅:コープ系列のCoop Pronto(コーププロント)というチェーン店があることが多いです。

 

ミグロリーノもコーププロントも、日曜・祝日は、平日と同じく、6時から24時まで営業しているので、大変便利です。

 

おまけ/レシートについて

ディスカウントスーパーLIDL(リドル)のレシートを、みてみましょう。

 

f:id:suisselife:20190403010315j:plain

 

9でおわる商品が多いですね。

 

日本だと、8で終わるところですが、こちらでは、9ですね。

 

下から3行目が、31.47になっています。31フラン47サンチームを、支払わないといけないところですが、その下の行で、-0.02となっていて、2サンチーム引きになっているのがわかります。

 

実は、スイスのお金の一番小さい単位は、5サンチームなのです。

 

1サンチームは、現在使われていないので、合計金額は、5サンチーム硬貨で払えるように、自動的に切り捨てになります。

 

今日は2サンチーム得をした、ということですね!