健康おたくのスイス生活

海外生活、語学、健康、ダイエット

【スイスの夏フェス】パレオフェスティバルのプログラム発表!

夏、といえば夏フェス!

 

最近、日本各地で、たくさんの夏フェスが盛り上がっていますね。

 

昨年、2018年は、幕張メッセのサマーソニックに、夫と娘と3人で行きました。

back numberさん、とっても良かったです。

Shawn Mendes(ショーン・メンデス)さんも、ステキでした。

 

スイスも、各地でいろいろな夏フェスがおこなわれます。

 

ロック、クラシック、ジャズといった様々なジャンルの音楽のフェスティバル、演劇や芸術のフェスティバル、映画祭、テニス、花火大会・・・盛大なもの、小さなもの、数えきれないくらい、たくさんあります。

 

 

 

 

パレオフェスティバルについて

 

f:id:suisselife:20190327224252j:plain

 

3月25日月曜日に、パレオフェスティバルのプログラムが、発表されました。

 

パレオフェスティバルは、今年、44回めをむかえる、スイス有数のロックのフェスティバルです。

 

6日間の観客は、23万人、コンサート数は200を超えます。

 

ロック、ポップ、ラップや各国の民族音楽など幅広いジャンルのミュージシャンが出演します。

 

日本の太鼓芸能集団の鼓童も、出演されたことがあります。

 

今年の出演者は

 

ザ・キュアー:40周年をむかえるイギリスのロックバンド

ラナ・デル・レイ:アメリカ ボーントウダイが大ヒット

シャーロット・ゲンズプール:フランス 女優/歌手

ジェーン・バーキン:イギリス 女優/歌手

パトリック・ブリュエル:フランス 俳優/歌手

ステファン・イーチャー:スイス 

ほかラップのミュージシャンなど多数!

 

フランス語圏で、大人気の、スイス人お笑いコンビの公演もあります。

 

チケット

 

ワンデイチケット: 大人73フラン(日本円およそ8,000円)

6日フリーパス:大人365フラン(日本円およそ40,000円)

 

チケット発売は、4/3(水)の正午からです。

 

プログラムの発表から、チケット発売日まで、1週間あるので、みんな、どの日に行くか、頭を悩ませます。

 

当日は、パソコンの前、あるいは、スマホをにぎりしめて、待機です。

  

ただ、今回、新しいタイプのチケットが、事前に、販売されたのです。

 

それは、昨年のクリスマスのこと、数量限定で、特別チケット(99フラン/日本円でおよそ10,000円)が販売されたのです。

 

通常のワンデイチケットは、プログラム発表後に、日付指定して買います。

 

この特別チケットは、日付指定しないまま、買うことができて、プログラム発表後に、出演アーティストをゆっくりチェックして、4/3までに日付指定すれば良いんです。

 

パソコンの前で、チケット売り場がひらく瞬間をまつ必要がないんです!

 

少し値段が高かったのですが、運よく、その特別チケットを買うことができたので、今年、私の夫は、チケット発売日に会社を休まなくてよくなりました。毎年休んでたんです(笑)

  

 当日券は、1000枚限定ですが、当日の9時から買うことができます。

 

 グルメ

 

フェスティバルの楽しみのひとつは、食べ物ですね。

 

f:id:suisselife:20190328030249j:plain

大きなバーベキュー


 

広大な会場内には、各国料理のテントがずらり、とそろうので、何を食べるか決めるために、見て歩くだけで、足が棒になるほどです。(ホントです!)

 

パレオフェスティバルは、毎年、メインになる料理を選びます。

 

メインに選ばれた料理のフードトラックや屋台が、特別な一角に集められるので、まずは、そこにいってみるのも良いでしょう。

 

去年は、スペイン・ポルトガル料理でしたが、今年は、ケベックが選ばれました。

 

カナダのケベックの料理ってどんな感じなんでしょうね。

 

今から楽しみです。

 

宿泊

 

6日フリーパスがある、ということで、パレオフェスティバルの会場のそばには、臨時の宿泊施設がつくられます。

 

  • フリーキャンプサイト:自分でテントをもってきて泊まる無料のエリア
  • キャンパーバン:キャンピングカー用の有料エリア
  • キャンピングパラス:2人用のかわいい小屋や、8人用の大きな部屋などの有料エリア

 

 

パレオフェスティバルの必需品

 

スニーカー

 

畑の上に、会場が作られているので、地面がでこぼこしています。

革靴やハイヒールで歩くのはつらいでしょう。

歩きやすき靴、ハイキングシューズや登山靴でも良いかもしれません。

 

土ぼこりで靴が汚れます。

雨がふれば、地面はどろどろになります。

長靴で来ているひともいます。

 

暑さと寒さ対策

 

一部の小さなステージ以外は、すべて屋外になるので、日中は、暑いです。

帽子や日傘、日焼け止めクリームをお忘れなく。

日本ほど、湿度が高くないので、過ごしやすいです。

夕方、日が暮れると、温度が下がるので、薄手の上着は、あったほうが良いです。

 

雨具

 

雨やどりする場所は限られています。

夕立もよく降るので、カサやレインコートは、必需品です。

会場内に販売しているところもあります。

 

飲み物

 

会場内に、無料のウオータークーラーが、あちこちに設置してあるので、もっていかなくてだいじょうぶです。

ほかの飲み物は有料です。

 

交通

パレオフェスティバルは、ジュネーブとローザンヌという、スイスのフランス語圏の2大都市の、まんなかに位置する二ヨン(Nyon)という町の郊外で開催されます。

 

ジュネーブからも、ローザンヌからも、通常なら、車で約30分です。

 

巨大な屋外の臨時駐車場が、会場近くにつくられ、駐車場と会場は、無料シャトルバスで移動することができます。

 

ただ、コンサートが終わったあとは、観客がいっせいに帰るため、ものすごい車の列ができて、駐車場をでるまでに、1時間待つことはざらです。

 

雨がふると、駐車場は、舗装されていないので、土の地面が、どろどろのぬかるみになって、大変です。

 

ぬかるみになった駐車場に、車をとめて、コンサートが終わって帰ろうとしたら、乾いてかたまった地面に、タイヤがはまり込んでいて、動かなくてレッカー車をよんで、引っぱりだしてもらった、という笑い話みたいなこともあったんですよ。

 

私たち家族は、いつも車を、二ヨンの国鉄駅のそばの、有料駐車場に止めて、そこからNStCMという私鉄(フェスティバル期間中無料)に乗って、サンセルグ駅でおり、徒歩10分で会場に行きます。

 

裏ワザ、というほどでもないです(笑)

 

パレオフェスティバルの期間中は、高速道路も、裏道も、国鉄も、私鉄も、バスも、とにかく混みます。

 

鉄道やバスは、夜中まで、フェスティバル用に臨時に運航するので、遅くなってもだいじょうぶです。

 

鉄道、バスなどの料金や時刻表は、7月に発表されます。

 

ボランティア

 

パレオフェスティバルは、大勢のボランティアで運営されています。

 

4月末にボランティアの募集が、はじまりますが、毎年、希望者が多くて、私も娘も外れっぱなしです。

 

こんな楽しいフェスティバルのボランティア、一度はやってみたいな。

 

 

パレオフェスティバル開催期間:7/23(火)-7/28(日)

パレオフェスティバル公式サイト

Home | Paléo