健康おたくのスイス生活

海外生活、語学、健康、ダイエット

朝ごはんは、スイス生まれのヘルシーなミューズリー

 

Bircher-mueslis (ドイツ語でビルヒャー・ミュースリ/ビルヒャー医師のおかゆ)

 

テーブルの上に白い器にきれいな紫色のミューズリーが盛られている。ブルーベリーものせてある。

レストランのミューズリー。ブルーベリーとラズベリーたっぷり。


 

日本でも、最近は、スーパーで、『ミューズリー』という名前のシリアル食品を見かけるようになりましたね。

 

いろいろなメーカーのものが販売されています。

 

実は、この『ミューズリー』は、スイスの都市チューリッヒで、20世紀のはじめ、1900年ごろに、医師のビルヒャー・ベンナーが考案したものです。

 

ビルヒャー医師は、さまざまな患者の治療をするうちに、新鮮な野菜やくだものを使った食事療法が、患者の回復に効果があることを確信しました。

 

そして、えん麦 (オーツ麦)に、おろしたリンゴなどを混ぜたレシピを完成させました。

 

ビルヒャー医師の評判が広まり、ドイツの作家トーマス・マンなどの当時の有名人も、治療をうけ、回復したことで、その名声はますます上がりました。

 

そのレシピは、今日まで、ビルヒャー医師のおかゆ、と呼ばれ、スイス中で食べられる、スイスの国民食になったのです。

 

ビルヒャー医師のおかゆの基本のレシピ

材料:

えん麦 (オーツ麦) 大さじ1 (山盛り)

水 大さじ3

リンゴ (小さめ) 2~3個

ヘーゼルナッツ、アーモンド、またはくるみを粉末にしたもの 大さじ1

レモン汁 大1

練乳 大1

 

作り方:

  1. えん麦を水にひたし、12時間ふやかす
  2. 食べる直前に、練乳とレモン汁を加える
  3. 粉末ナッツを加える
  4. リンゴを皮ごとすりおろして、茶色くならないように、直接えん麦の容器にまぜながら入れる
  5. お好みで砂糖やハチミツを入れてもよい

 

健康効果

えん麦は、食物繊維やミネラルが多く含まれていて、ゆっくり消化されるので、血糖値の上昇がゆるやかになります。

 

リンゴやレモンでビタミンもたっぷり。

 

リンゴを皮ごとすりおろすので、ポリフェノールも取ることができます。

 

今から100年以上前に、こんなヘルシーなレシピを作るなんて、ビルヒャー先生やりますね。

 

スイスでは、最初、夕食で食べられていました。

 

今は、主に朝食やおやつで食べられています。

 

そして、水のかわりに、牛乳でふやかすことが多く、ヨーグルトも加えます。

 

牛乳やヨーグルトで、たんぱく質やカルシウムも入りました。ますますヘルシー!

 

そんな、体に良い健康食のはずのミューズリーですが、市販のものは、砂糖が大量に加えられているものが多いので、購入するときは砂糖の量をチェックしましょう。

 

自家製ミューズリー

私は、えん麦 (オーツ麦)、ドライフルーツ、ナッツをばらばらに買ってきて、自家製のミューズリーミックスを作っています。

トレイの上に白い器4つにそれぞれキヌア、アマランス、大豆、オーツが入っている。

上の写真は、キヌア、アマランス、大豆、えん麦 (オーツ麦)です。

 

キヌアとアマランスは、ポップ状になっているので調理せず、そのまま食べられます。

 

大豆はコーンフレーク状のものです。香ばしくて、かむと大豆の甘味がでてきます。

 

リンゴをすりおろしたものや、クランベリー、干しブドウなどのドライフルーツ、イチゴなど季節のくだものを入れると、甘さは十分になります。

 


牛乳を豆乳にかえて、イソフラボンをとれば、私のような女性ホルモンが減少している50代女子の美容や健康にも理想的です。

 

我が家では、夏の朝食によく食べます。

 

小腹がすいたときのおやつにしても良いですよ。

 

雑穀やナッツのおかげで腹持ちが良いんです。

 

冷蔵庫で3日はもちますから、作り置きしておけば、忙しい朝の時間の節約になります。

 

暑い日も火を使わないですむので、楽ちんです。

 

くだものはできれば、朝用意するのが難しければ、前日の夜のうちに、えん麦(オーツ麦)と混ぜておいてもだいじょうぶですよ。

 

スイスでも販売されている、砂糖の入ってないタイプのミューズリーミックスはこちらから購入できます。↓

 

 

 

 

えん麦(オーツ麦)、ナッツ類、ドライフルーツがミックスされています。

 

寝る前に、豆乳や牛乳を混ぜておいて、朝、食べるだけなので超ラクチンです。

 

ミューズリーとグラノラの違い

グラノラは、植物油とシリアル類を混ぜて焼いていますが、ミューズリーはそのような加工がされていません。

 

グラノラのように、牛乳をかけてすぐ食べるとかたくて美味しくありません。

 

ミューズリーは、牛乳や豆乳に一晩つけて食べると美味しくなります。

 

最後に

スイスでは、パックに入ったミューズリーが、パン屋やスーパーに必ず並んでいます。

 

ヘルシーなミューズリーを一度お試しになってはいかがでしょうか。