健康おたくのスイス生活

海外生活、語学、健康、ダイエット

スイスのリゾート地モントルー

 

 

ボヘミアンラプソディー

 

今年のアカデミー賞の主演男優賞は、『ボヘミアン・ラプソディー』で、ロックバンド、クイーンのフレディ・マーキュリーを演じた、ラミ・マレックでした。

 

実は、フレディ・マーキュリーは、生前、モントルーに、マンションとレコーディングスタジオをもっていました。

 

モントルーのPlace de Marché(プラス・ド・マルシェ/市場広場)には、フレディ・マーキュリーの銅像が立っていて、たくさんのファンや観光客が、やってきます。

 

f:id:suisselife:20190401142344j:plain

ファンからの花やキャンドル、プレゼントが供えられている銅像

 

最後のアルバムである、『Made in Heaven』の中の’A Winter's Tale’という曲は、モントルーを歌った作品です。

 

 

湖沿いの散歩を楽しむ

 

f:id:suisselife:20190401142313j:plain

モントルーの遊歩道はお花でいっぱい

 

フレディ・マーキュリーが愛した、モントルーは、私たち家族が住んでいるヴォー州の中にあり、レマン湖の東端の、昔からのリゾート地として有名です。

 

山側にあるモントルーの国鉄駅から、湖のほうにおりていくと、老舗のホテルや高級ブランドの店、レストランのある、メインの通りがあります。

 

そこから湖にでると、遊歩道を、たくさんの人々が散策しています。

 

遊歩道沿いには、カフェやレストランがあり、レマン湖や、対岸のフランス領のアルプスの山々をながめながら、テラスで食事やお茶を楽しめます。

 

遊歩道には、アート作品や季節の花でいっぱいの花壇があり、目を楽しませてくれます。

 

アイスクリームやクレープ、ホットドッグなどを食べながら、歩いているひともたくさんいます。

 

お子様連れのファミリーに、人気なのは、ミニトレインです。

 

5フラン(日本円でおよそ550円)で、遊歩道ツアー(20分)を楽しむことができます。

 

 

f:id:suisselife:20190401142339j:plain

モントルーの湖を舞うパラグライダー

 

モントルーは、山と湖にはさまれているので、山のほうから湖にむけて飛ぶパラグライダーを、たくさん見ることができます。

 

ちょっと、空を見上げてみてくださいね。

 

モントルージャズフェスティバル

 

夏は、スイス各地で、夏フェスが開催されますが、中でも、有名なのは、モントルージャズフェスティバルです。

 

1967年から、毎年開催されている、世界有数の音楽フェスティバルです。

 

会場エリアは、湖沿いにあり、モントルー国鉄駅から、徒歩5分~10分で着くので、とても便利です。

 

ジャズフェスティバルといっても、ジャズだけではなくて、ロックやレゲエなど、広いジャンルの、ミュージシャンのコンサートを、楽しむことができます。

 

ジャズフェスティバルの開催中は、世界各国の料理の、フードトラックや屋台が、たくさん並びます。

 

無料のコンサートやイベントも、いろいろ開催されます。

 

コンサートに行かなくても、お天気の良い日に、ふらりと出かけて、どこからか聞こえてくる音楽と、湖の景色をたのしみながら、美味しいものを食べるのは、我が家の夏の恒例のイベントです。

 

今年、2019年は、2021年に引退を予定している、エルトン・ジョンが、モントルージャズフェスティバルに出演することが、発表されたので、とても楽しみです。

 

ほかの出演ミュージシャンなど、くわしいプログラムの発表は、4月中旬なので、待ち遠しいです。

 

今年は、東京で、モントルージャズフェスティバル・ジャパンが、10/12(土)~10/14(月・祝日)に開催されるとのこと、こちらも楽しみですね。

 

モントルージャズフェスティバル開催期間:2019年6/29~7/15

モントルージャズフェスティバル公式ページ

https://www.montreuxjazz.com/

 

シヨン城

 

f:id:suisselife:20190401142328j:plain

湖につきでるように建てられたシヨン城

 

モントルーから、車やバスで、15分のところには、観光名所として有名なシヨン城もあります。

 

シヨン城までは、およそ4㎞なので、遊歩道にそって、景色を楽しみながら、ゆっくり歩いていけば、だいたい1時間ほどです。

 

途中に、カフェやレストランもありますから、休憩しながら歩くのも、のんびりして、とても良いですよ。

 

 

f:id:suisselife:20190401164802j:plain

モントルーの船着き場



モントルーから、船で20分で、シヨン城まで行くこともできます。

 

シヨン城は、イギリスの詩人バイロンが、『シヨンの囚人』という作品を書いたことが、きっかけで、有名になりました。

 

作品は、16世紀に、ジュネーブの修道院長だったボニヴァールが、4年間、シヨン城の地下牢で、くさりにつながれていた実話をもとにしたものです。

 

湖につきだすように建てられた、その美しい姿をながめていると、「重機のない時代に、よくこんな立派なお城をたてたものだなあ」、と思ってみたり、お城の中の地下牢を見学しながら、歴史に思いをはせたりしました。

 

何度おとずれても美しい、スイスのリゾート、モントルーとその近郊のシヨン城。

 

ジュネーブからは、国鉄でおよそ1時間

ローザンヌからは、およそ20分

 

日帰り観光もできますし、モントルーの由緒あるホテルに泊まって、近郊に足をのばすこともできます。

 

スイス政府観光局公式ホームページ | スイス政府観光局 | スイス政府観光局

 

国内&海外の格安ホテル検索『トリバゴ』