健康おたくのスイス生活

海外生活、語学、健康、ダイエット

オトコの料理!スイスの湖水の魚料理フィレ・ド・ペルシュで痛い目をみる?

料理の上手な男のひとってステキですよね。

 

それに何より、実用的!人間は、毎日、なにか食べないといけないんだから、男でも女でも、料理はできないよりは、できたほうが良いでしょう。

 

夫は、ひとりだったら、パンと牛乳で食事をすましてしまうタイプですが、娘が生まれてからは、私が仕事で忙しいときは、料理をするようになり、今では、パンも焼くぐらいにレベルアップしました。

 

 

 

担当する料理を決めちゃいました

私が全くやらない分野の料理は、夫の担当です。

 

クレープ。夫が子どものときから食べてきた、Maman(ママン/お母さん)のレシピです。

 

大きなかたまり肉をオーブンで焼くもの。ローストポークとか鶏肉の丸焼きですね。

 

バーベキューも夫の担当。ベランダにガスのバーベキューセットがあるので、これから、お天気の良い夏の週末の料理は、夫におまかせです。

 

それから、モチロン、スイス料理です!私は、スイスのTV番組で、食べているのをみたり、雑誌に美味しそうな写真がのっていたら、必ず、夫にリクエストします。夫は、スイス人の誇りにかけて(?!)、レシピを見つけ出して、作ってくれます。

 

金曜日は魚の日

金曜日は、スイスでは魚を食べます。もともとは、キリスト受難の日が金曜日だったために、金曜日には、肉食をしないで、魚を食べるという由来がありましたが、現在は、宗教的な意味がうすれて、多くのひとにとっては、金曜日は魚を食べる《習慣》、です。

 

スイスは、海のない国ですから、魚より圧倒的に肉を食べます。2017年の統計では、1人あたり年間50キロの肉(牛・豚・羊・鶏など)を食べているとのことです。日本人は、30キロ前後ですから、スイス人が、どれだけ多く肉を食べているかよくわかりますね。

 

そんな、肉食にかたより過ぎている、毎日の食生活を、あらためる意味でも、金曜日は魚、を習慣にしているひとが多いんです。我が家もそうです。

 

Filets de perche/フィレ・ド・ペルシュって何でしょうか?

そんな金曜日。夫が代休で、家にいて、『今日は、フィレ・ド・ペルシュを作るよ。』と言い出しました。

 

Filets de perche(フィレ・ド・ペルシュ/ペルシュの切り身)。Filet/フィレというのは、フランス語で切り身、という意味です。ペルシュは、スズキ目の淡水魚で、あっさりした白身の魚です。海のないスイスでは、湖でとれる魚の中でも、鱒(ます)とともに、とてもポピュラーです。

 

フィレ・ド・ペルシュといえば、ペルシュの切り身をムニエルにしたもので、スイスの名物料理のひとつです。ムニエルに、じゃがいもの塩ゆでや、フレンチフライや、マッシュポテト、サラダを添えて食べます。

 

私たち家族も、フィレ・ド・ペルシュは大好きです。

 

材料の買い出し

夫と私のふたりで、週末の買い出しもかねて、スーパーへ。

 

スーパーの魚売り場に着くと、ペルシュの切り身が氷の上にきれいに並んでいます。大きくて美しい切り身!お値段は、100グラムが、7フラン50サンチーム(およそ830円)!お高い!!高いはずです。スイス産ですよ。

 

夫は、ためらうことなく、魚屋さんに、300グラム頼んでしまいました。ペルシュの横には、いわしの切り身が、100グラムで、2フラン50サンチーム(およそ280円)だったのを、私が気づきましたが、遅かったー!

 

25フラン(およそ2800円)も払いましたよ。

 

『今日は、誕生日でもなんでもない、ただの金曜だから、いわしで良かったのに!』と帰り道で、私は、夫に小言を言いましたよ。

 

夫は、買うものを決めたら、ほかの物には目もくれず、値段も確認せずに、買っちゃうんです。私は、モチロン、買い物にいったら、まず、特売品からチェックします。

 

Filet de perche フィレ・ド・ペルシュの作り方

スイスの湖でも、最近は、とり過ぎで、ペルシュは、年々とれなくなり、サイズも小さくなっていて、魚屋さんでも輸入ものが増えています。

 

今日は、スイス産の、大きなサイズのペルシュだったので、びっくりするようなお値段も仕方なかったのでしょう。確かに、きれいな切り身でした。

 

湖の淡水魚の切り身が8切れ、トレイの上にのっている。種類はスズキ目のパーチという魚。

 

1. ペルシュの切り身は、さっと水洗いして、キッチンペーパーでしっかり水気をとります。塩・こしょうを軽くふって、薄力粉をまぶします。余分な粉は、軽くたたいてはらいます。

小麦粉をまぶした魚の切り身が8切れ、トレイにのっている。

 

2. 大さじ2杯分のバターをフライパンで溶かしたところに、切り身を入れて、両面がきつね色になるまで焼きます。片面を1~2分焼いたら、反対は1分ぐらい焼けば十分です。

 

小麦粉をまぶした魚の切り身をフライパンでバターでいため、こんがりきつね色になっている。

 

3. 塩ゆでしたじゃがいもを添え、刻んだパセリをかけたら出来上がりです。

魚は、マヨネーズか、タルタルソースをつけて食べます。レモンをしぼってかけるとさっぱりします。

 

白い皿にきつね色にやけた魚の切り身が3切れとゆでてパセリをかけたじゃがいもがのっている。皿の右側にはナイフとフォークがある。

 

ペルシュの調理は、本当にカンタンで、短時間でできます。横に添えるじゃがいものほうが時間がかかりますね。

 

じゃがいもは、私たちが食べた、塩ゆでのもののほか、フレンチフライやマッシュポテトにして添えます。レストランでは、どれか好きなものを、選ぶことができます。

 

オリーブ油やサラダ油でも良いのですが、バターをたっぷり使うのが、スイス流。バターで焼いた上に、溶かしバターをたっぷりかけたりします。バターの香りが良いのですが、ちょっと重たくて、カロリーも気になりますね。毎日食べるわけじゃないから、良いかな。

 

ちなみに、スイスのバターは、基本は、無塩バターです。日本のバターは、有塩の場合が多いですね。有塩バターを使うなら、切り身には塩をふらないほうが良いでしょう。

 

夫は、高ーい買い物をしてしまったことに、気がついて、ちょっと反省していましたが、スイスの湖で育ったペルシュは、本当に美味しかったです。たまには、良いよね。